【スポンサーリンク】

トレイシー・マグレディ「コービー・ブライアントのような19歳はいなかった」

高校卒業後にNBA入りしたコービー・ブライアントは、NBA史に名を残す偉大なプレイヤーとなった。

“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンに最も近づいたプレイヤーとしても評価され、世界中のファンに愛されたブライアント。

元NBAプレイヤーのトレイシー・マグレディによると、ブライアントは10代の頃から他にはない特有のオーラを放っていたという。

マグレディは若かりし日のブライアントについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

19歳のブライアントと一緒にいたら、彼がまるで以前からここにいたかのように感じ、偉大な選手たちと一緒にいたかのように感じただろう。

なぜなら、彼のマインドは私がこれまで見てきた19歳の人々とはまったく異なるものだったからだ。

彼は本当に、本当にマイケル・ジョーダンより優れていると思っていたんだ。

ジョーダン2世と呼ばれる選手は決して少なくなかった。

だが、ブライアントほどジョーダンを崇拝し、ジョーダンに近づいた選手はいないだろう。

ESPNが先日発表したNBA史上偉大な選手トップ5ランキングにブライアントの名前はなかったが、それに異議を唱える評論家もいる。

現役時代のジョーダンとブライアントを知るマグレディも、そのひとりであるに違いない。

なお、ブライアントはESPNのランキングで9位に選出された。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA