【スポンサーリンク】

ロバート・オーリーがラストダンスのマイケル・ジョーダンを見て「まるでコービー・ブライアント」

NBAレジェンドのコービー・ブライアントはマイケル・ジョーダンに憧れ、ジョーダンを模倣したプレイスタイルを身につけた。

「ジョーダンに最も近づいた選手」としても評価されているブライアントだが、元チームメイトによると、ブライアントのすべてがジョーダンだったという。

ブライアントと共にロサンゼルス・レイカーズのタイトル獲得に貢献したロバート・オーリーは、ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」を見てこうコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ラストダンスの中のマイケル・ジョーダンを見て、彼が使っている言葉を聞くと、すごく奇妙だった。

彼が言ったことややったことすべてが、まるでコービーだったんだ。

彼のマナー、彼の言語、彼の言葉遣い。

コピーさ。

幽霊を見ているようだ。

こういった言葉は使いたくないが、マイケル・ジョーダンを見ると、「コービーはこの男がやったことすべてをどうやって学んだのだろう?」という感じさ。

そして彼はいくつかの領域でより良いプレイヤーになったんだ。

ジョーダンはブライアントを弟のように可愛がり、追悼式ではブライアントとの思い出を語り、早すぎる死を悲しんだ。

ジョーダンはこれからも語り継がれるレジェンドだが、そのたびにブライアントの名も語られることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA