【スポンサーリンク】

JJ・レディック「上位6チームのシード順は確定と聞いている」

NBAはシーズン再開へ向けて少しずつ動き始めている。

現在はどういう形でシーズンを進めていくかについて話し合っていると思われるが、ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックに情報が届いた模様。

レディックによると、現時点でのスケジュールフォーマットを耳にしたという。レディックのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕が聞いているシナリオはこうだ。

上位6チームは基本的にそのまま。

シードはロックされる。

彼らはスクリメッジもしくは意味のないゲームを行う。

そして両カンファレンスの7~11シード、もしくは7~12シードは第7シードと第8シードをかけてプレイする。

レディックによると、シーズンが再開したとしても13~15位のチームは参加しないという。

つまり、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、フェニックス・サンズ、クリーブランド・キャバリアーズ、アトランタ・ホークス、デトロイト・ピストンズはシーズンに加わらず、このままオフに入ることになる。

ただし、地元メディアとの契約も関係してくるため、今後さらに議論されることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA