【スポンサーリンク】

ジョージ・カールがデマーカス・カズンズとの対立を振り返る

元オールスターセンターのデマーカス・カズンズは、2016-17シーズン中のトレードでサクラメント・キングスを離れ、ニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍した。

そのきっかけとなったとされるのが、2014-15シーズン途中にキングスのヘッドコーチに就任したジョージ・カールとの対立だ。

カズンズとカールの関係は、カールが「全員がトレード対象になり得る」と発言したことがきっかけで悪化。

そして2015年11月、強豪サンアントニオ・スパーズに大敗した後、カズンズとカールの関係はさらに悪化した。

当時カズンズのエージェントを務めていたヴァンス・ウォルバーグによると、カズンズは屈辱的な敗戦を喫した後、「君は自分のことを殿堂入りコーチだと思っているんじゃないか?」などとカールを汚い言葉で罵ったという。

ウォルバーグとカールは当時を振り返り、次のようにコメント。NBC Sportsが伝えている。

ヴァンス・ウォルバーグ:

サンアントニオと対戦した後のあの夜にロッカールームで起きたことは、私の人生の中で見たことがないものだった。

おそらく最も失礼かつ最悪の出来事だった。

ジョージ・カール:

あの試合の後、私とデマーカスは対立した。

その翌朝、我々は長く真剣な話をした。

我々はこれを勝利に変えることができるとね。

我々はデマーカスに2試合もしくは3試合の出場停止処分を科さなければならなかった。

そうすれば、ボスになれないということを彼が気付くかもしれなかったからだ。

その後、カズンズは自身の行為を反省し、公の場での謝罪を申し出たという。

だが、両者の関係は修復不可能なほど崩壊してしまっていた。

そして、カールは2015-16シーズンまでキングスを指揮したものの、結果を残すことができずに解任。

カズンズはその約半年後、トレードで放出されることになった。

なお、トレード後のカズンズは度重なる怪我に苦しめられており、現在はどのチームにも所属していない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA