【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンがホーネッツの選手たちをラストダンスで焚きつける

NBAレジェンドであるマイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズ時代に焦点を当てたドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」は、多くの人々にジョーダンの偉大さを改めて認識する機会をもたらした。

ただひたすらに勝利を求め、チームメイトたちにも高い基準を求めて厳しく接したというジョーダン。

現在シャーロット・ホーネッツのオーナーを務めるジョーダンは、ホーネッツの選手たちにも同じようなメンタリティを持ってもらいたがっている模様。

キャリア2年目のデボンテ・グラハムによると、ジョーダンはラストダンス終了後にホーネッツの選手たちとZoomで話す機会を持ち、次のようなメッセージを送ったという。

もっと声をあげて互いに要求しなさい。

それは君たちをもっと良くするだろう。

絆を深めるだろう。

そしてチームはもっと強くなるんだ。

グラハムによると、ジョーダンはただ何も言わずに負け続けたり失敗し続けたりするのではなく、もっと互いをリスペクトする姿勢が必要だと主張したという。

偉大なNBAレジェンドの言葉に、ホーネッツの選手たちのモチベーションは高まったことだろう。

残念ながら再開後のシーズンには参加できないが、ジョーダンの言葉を旨に来季の躍進を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA