【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンのコンディションは昨年サマーリーグ以下?

2019年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンは好ましいコンディションではないため、シードゲームで出場時間制限がかかっている。

出場時間制限に不満を持っていると報じられたウィリアムソンは先日、「コンディションが整うまでもう少しかかる」とし、ベストコンディションではないことを認めた。

だが、本人が感じているよりコンディションは良くないのかもしれない。

ウィリアムソンに近い人物によると、ウィリアムソンのコンディションは昨年のサマーリーグ以下だという。clutchpoints.comが伝えている。

彼のプレイを見ると、明らかに最高のレベルで戦えるコンディションではない。

彼がプレイした2試合を見たけれど、彼らは彼に彼のプレイをさせるべきではないと思う。

私が実際に話をしたスカウトは、適切なコンディションでなければ出すべきではないと言っていた。

その人物は昨年夏のサマーリーグより悪い状態だと言っていたよ。

コンディションが悪いのか、それとも話し合っていない何かがあるのかは分からない。

ただ、ペリカンズが対処しなければならない事案のひとつだ。

彼には膝を怪我した過去がある。

コンディショニングなのか、それともその他の何かなのか、彼は適切な状態ではない。

ジョナサン・アイザックに起きたこと(前十字靭帯断裂)を考えなければならない。

チームは若い選手たちを守らなければならないんだ。

デリック・ローズやジョン・ウォールのように、怪我がキャリアを難しくしている選手は少なくない。

身体に負担がかかるような迫力あるプレイスタイルのウィリアムソンには怪我のリスクがつきまとうため、本人の不満にかかわらず将来を見据えたうえで対処しなければならないだろう。

ウィリアムソンが素晴らしいNBAキャリアを送るためにも、ペリカンズには最善を尽くしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA