【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーが新たなトレーニングを取り入れる

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、手の骨折の影響で今季は5試合の出場にとどまった。

カリーとクレイ・トンプソンを欠くウォリアーズはオーランドのバブルに参加することができず、長いオフシーズンを過ごさなければならない。

だが、王座奪還へ向けてぬかりはないようだ。

ウォリアーズの選手育成コーチを務めるブルース・フレイザーによると、カリーはこれまでとは異なるトレーニング手法を取り入れ、その結果カリーの身体に恩恵をもたらすという。

フレイザーはカリーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ステフが手を怪我した時、我々はこれまでとは異なることを取り入れた。

パフォーマンススタッフはインターバルトレーニングを取り入れ、彼を良い状態にするための科学的な方法を考え出したんだ。

それから我々はバスケットボールのドリルに応用した。

その手法を試した後、ステフは非常に良い状態になったと感じていたから、我々は今年の夏にその手法を取り入れることにしたんだ。

カリーは現在32歳。

年齢と長い中断期間によりパフォーマンスが落ちてしまうのではとも危惧されているが、カリーのトレーナーを務めるブランドン・ペインによると、カリーの状態は非常に良く、老化の兆候はまったく見られないという。

来季はウォリアーズにとってNBAタイトル奪還へ向けた重要なシーズンとなる。

衰えをまったく感じさせないというカリーは来季もウォリアーズを牽引し、NBAタイトルをもたらしてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA