【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネットのセルティックス移籍のきっかけはレイ・アレン?

NBAレジェンドのケビン・ガーネットは、2007年のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからボストン・セルティックスへ移籍した。

ガーネットはコービー・ブライアントと共にプレイすることを望み、レイカーズへのトレードを望んでいたが、ブライアントに電話したものの応答がなく、セルティックスへ移籍することとなった。

このトレードの舞台裏で暗躍したのはレイ・アレンだったようだ。

アレンによると、ダニー・エインジから電話があり、セルティックスに移籍するようガーネットを説得してくれと頼まれたという。

アレンは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ケビン・ガーネットはトレード拒否権を持っていた。

彼はレイカーズに移籍し、コービーとチームメイトになることを計画していた。

だが、夏の終わり頃にダニー・エインジが僕のところに来て、KGと一緒に何かを成し遂げたいと言ってきたんだ。

だから僕がケビンに電話し、「僕たちは君にここに来てもらいたい。素晴らしいことだし、僕は興奮している」とね。

それが彼の移籍を助けたのだと思う。

なぜなら、僕たちは互いに成長していることを知っていたし、僕たち全員にとって新たな状況になることを知っていたからね。

結果、ガーネットはセルティックスへ移籍し、アレン、ポール・ピアース、ラジョン・ロンドと共に一時代を築くこととなった。

そしてアレンは2012年にセルティックスを離れ、当時熾烈なライバル争いを繰り広げていたマイアミ・ヒートへ移籍。

セルティックスに勧誘したアレンがライバルチームに移籍したのだから、当時のガーネットの怒りはもっともかもしれない。

なお、ガーネットのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
所属チームミネソタ・ティンバーウルブズ
ボストン・セルティックス
ブルックリン・ネッツ
出場試合数1462
平均出場時間34.5
平均得点17.8
平均リバウンド10.0
平均アシスト3.7
平均スティール1.3
平均ブロックショット1.4
平均ターンオーバー2.2
FG成功率49.7%
3P成功率27.5%
フリースロー成功率78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA