【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「兄弟は僕にモチベーションをくれる」

ロサンゼルス・レイカーズのベテランポイントガード、ラジョン・ロンドは、このプレイオフで素晴らしいパフォーマンスを見せている。

復帰初戦は勘の鈍りが見られたものの、その後はプレイメイカーとして圧倒的な存在感を放ち、”プレイオフ・ロンド”の異名にふさわしい活躍を続けているロンド。

そのロンドが、先日行われたヒューストン・ロケッツとのシリーズ第5戦でラッセル・ウェストブルックと口論を繰り広げ、退場処分を命じられた兄ウィリアム・ロンドについて語った模様。

ロンドによると、バブルでのNBAゲームではウィリアム・ロンドからモチベーションをもらっているという。ロンドのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕がここに来てから、彼は常に僕を支えてくれている。

たくさんのインスピレーションを与えてくれる。

たくさんのモチベーションを与えてくれる。

スタンドにいる彼を見ると、僕は落ち着きを取り戻すことができるんだ。

彼は僕に「もっと頑張れ」とか「素晴らしい」とか言ってくれる。

彼はゲームを理解している。

僕は間違いなく彼を必要としているのさ。

ロケッツとの第2戦では、彼はものすごく檄を飛ばしてくれた。

僕はすごく疲れていて、第4Qでジェイムス・ハーデンにマッチアップしなければならなかった。

その時、彼は「もっとやれ!乗り越えろ!」と檄を飛ばしてくれたんだ。

僕にはそれが必要だった。

そのおかげで疲れが溜まっていた第4Qを乗り越えることができたのさ。

ロンドによると、試合前には必ずコートサイドにいるウィリアム・ロンドの姿を確認し、モチベーションを高めているという。

レイカーズはオーランドでのNBAシーズン再開後、安定しない戦いが続いていたが、ロンドが復帰するとたちまち王者の雰囲気を取り戻し、相手を寄せ付けないプレイを見せている。

レブロン・ジェイムスは先日、NBAチャンピオンのカギを握る選手としてカイル・クーズマを挙げた。

だが、本当にカギを握っているのはロンドなのかもしれない。

なお、ロンドの今季のスタッツは以下の通りとなっている

レギュラーシーズンプレイオフ
出場試合数485
平均出場時間20.526.6
平均得点7.110.6
平均リバウンド3.04.6
平均アシスト5.07.0
平均スティール0.82.0
平均ターンオーバー1.92.6
FG成功率41.8%51.2%
3P成功率32.8%44.4%
フリースロー成功率65.9%75.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA