【スポンサーリンク】

2リバウンドに終わったアンソニー・デイビス「もっと良い仕事をしないと」

NBAチャンピオン最有力候補のロサンゼルス・レイカーズはデンバー・ナゲッツとのカンファレンスファイナルを2勝0敗とリードしていたものの、シリーズ第3戦ではナゲッツに反撃を許し、敗戦を喫した。

一時はナゲッツに20点以上のリードを許したが、終盤にラジョン・ロンドを中心として猛追し、勝利のチャンスを掴みかけたレイカーズ。

だが、ジャマール・マレーにビッグショットを決められ、8点差で敗れた。

勝敗を分けた大きな要因はリバウンドだろう。

レイカーズはアンソニー・デイビスがキャリアワーストの2リバウンドにとどまると、ジャベール・マギーとドワイト・ハワードはそれぞれ1リバウンドと、レイカーズが誇る3人のビッグマンの合計リバウンド数はわずか4だった。

この結果を受け、デイビスは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

個人的にはリバウンドでもっと良い仕事をしなければならない。

ゲームを通して2リバウンドではダメだ。

あまり多くのことは言えない。

僕はもっと良い仕事をしなければならない。

シリーズ第3戦のリバウンド数はナゲッツが44本、レイカーズが25本だった。

若手が多いナゲッツは勢いに乗ると止めるのが難しくなり、それはファーストラウンドとカンファレンスセミファイナルで証明されている。

レイカーズとしては第4戦でナゲッツの勢いを封じ、NBAファイナル進出に王手をかけたいところだろう。

レイカーズが誇るビッグマンたちにはリバウンドでの躍動を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA