【スポンサーリンク】

ホーネッツがドワイト・ハワードとトレードで放出した理由とは?

元オールスターセンターのドワイト・ハワードは2017-18シーズン、シャーロット・ホーネッツの先発センターとして活躍した。

だが、ハワードがホーネッツのユニフォームを着てプレイしたのはその1年のみであり、ホーネッツはシーズン終了後のトレードでハワードをワシントン・ウィザーズへ放出した。

ホーネッツ時代のハワードは大きな怪我もなく、レギュラーシーズンを欠場したのは1試合のみ。

リバウンドとスコアリングで平均二桁をマークするなど活躍していたが、なぜホーネッツはハワードをトレードで放出したのだろうか?

clutchpoints.comによると、ホーネッツのフロントオフィスはハワードのロッカールームでの態度に問題があると感じ、特に当時ルーキーだったマリク・モンクに悪影響が及ぶことを危惧したため、トレードで放出したという。

当時のハワードは派手な私生活を送っており、モンクがハワードの影響を受け、バスケットボールに集中できなくなることを恐れたのだろう。

その結果、ハワードはトレードでワシントン・ウィザーズへ移籍したものの、シーズン序盤に怪我を負い、残りを全休した。

そして昨年夏、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAゲームに復帰。

コート上はもちろんベンチでも率先して声を出し、チームをサポートしている。

ここ数年の経験はハワードに新たな視野をもたらしたのかもしれない。

なお、ハワードの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数691113
平均出場時間18.933.5
平均得点7.516.7
平均リバウンド7.312.3
平均アシスト0.71.4
平均スティール0.40.9
平均ブロックショット1.11.9
平均ターンオーバー1.22.8
FG成功率72.9%58.6%
フリースロー成功率51.4%56.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA