【スポンサーリンク】

ジェフ・バン・ガンディがランニングマンダンスでリズム感の無さを露呈

ジェフ・バン・ガンディがランニングマンダンスでリズム感の無さを露呈

ニューヨーク・ニックスとヒューストン・ロケッツのヘッドコーチを務めた経験があるジェフ・バン・ガンディは、現在ESPNでNBAゲームの解説者として活動している。

大学時代のバン・ガンディは選手としてプレイしていただけにリズム感はありそうだが、残念ながらリズム感は人並み以下なのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ダラス・マーベリックス戦に解説者として参加したバン・ガンディは、明らかにリズム感が欠如したランニングマンダンスを披露したという。

これには相棒のマーク・ジャクソンも笑うしかない。

だが、バン・ガンディも楽しんでいる様子で、「ダンスは楽しいものだ」ということを教えてくれている。

この日の試合でステフィン・カリーが11本の3Pを含む57得点と大爆発。

バン・ガンディはカリーの大ファンであることを公言しているため、ランニングマンダンスはカリーの活躍に対する喜びの舞だったのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA