【スポンサーリンク】

解雇もしくは放出の可能性がある5人のNBAヘッドコーチとは?

解雇もしくは放出の可能性がある5人のNBAヘッドコーチとは?

NBAチームの中には今季の結果を受け、ヘッドコーチを解雇し、新たな指揮系統で来季を迎えようとするチームもある。

ヘッドコーチの交代によりチームの状況がすぐに改善するというわけではないだろうが、少なくともそのきっかけにはなるだろう。

では、レギュラーシーズン終了が迫る現時点で、どのNBAチームのヘッドコーチに解雇もしくは再契約を結べない可能性があるのだろうか?

hoopsrumors.comによると、以下のNBAチームのヘッドコーチに解雇の可能性があるという。

ネイト・ビョーグレン(インディアナ・ペイサーズ)

インディアナ・ペイサーズは現地4日の時点でイースタン・カンファレンス9位とプレイイントーナメント出場圏内にあるものの、ビョーグレンHCは選手たちからの信頼を失っていると噂されている。

中でもマルコム・ブログドンとドマンタス・サボニスはビョーグレンHCを信頼しておらず、ペイサーズの複数の選手がビョーグレンHCの分析的な戦術スタイルがチームにフィットしないと感じているという。

また、アシスタントコーチに対して高圧的に接することも多いと噂されており、現時点ではNBAで最も解雇される可能性が高いヘッドコーチに挙がっている。

テリー・ストッツ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

ストッツHCはポートランド・トレイルブレイザーズをNBAプレイオフ進出に導き続けている。

だが、NBAプレイオフを勝ち抜くという点においては大きな結果を残すことができず、今季は求心力が低下しているという。

もし今季のNBAプレイオフで結果を残せない、もしくはNBAプレイオフ進出を逃した場合、ストッツHCの解雇の可能性は高まるだろう。

なお、ストッツHCが解雇された場合、ブレイザーズはジェイソン・キッド、デイビッド・イェーガー、チャウンシー・ビラップス、ブレント・バリー、ネイト・マクミランを新ヘッドコーチ候補リストにピックアップすると噂されている。

マイク・ブデンホルツァー(ミルウォーキー・バックス)

ブデンホルツァ-HC指揮するミルウォーキー・バックスは、今季のNBAチャンピオン最有力候補の1チームだ。

過去2年もNBAチャンピオン最有力候補に挙がっていたものの、NBAファイナルにもたどり着くことができていない。

もし今季もNBAファイナルに進出できなければ、バックスはブデンホルツァーHCを解雇する可能性があると報じられている。

ルーク・ウォルトン(サクラメント・キングス)

サクラメント・キングスのルーク・ウォルトンHCには、昨年のオフシーズン中も解雇の噂が出ていた。

キングスにはディアーロン・フォックスやバディ・ヒールド、ハリソン・バーンズなどタレントが揃っているものの、今季もNBAプレイオフ進出は難しい状況にある。

ただし、ウォルトンHCはゼネラルマネージャーのモンテ・マクネアと強い結びつきがあり、またキングスの財政事情に相まって、来季も続投する可能性があるとも報じられている。

スコット・ブルックス(ワシントン・ウィザーズ)

ワシントン・ウィザーズのスコット・ブルックスHCには、今季序盤も解雇の噂が出ていた。

だが、当時は主力選手たちの離脱が相次いでいた。

シーズン後半になると状況は一転し、現在はプレイイントーナメント出場権を争っている。

もしウィザーズがNBAプレイオフに進出し、躍進することができれば、ブルックスHC続投の可能性は十分あると言えるだろう。

ただし、ゼネラルマネージャーのトミー・シェパードにも解雇の噂が浮上しており、もしシェパードGMが解雇されたらブルックスHCの立場も危うくなりそうだ。

なお、ブルックスHCの契約は今季で満了となる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA