【スポンサーリンク】

チャンドラー・ハッチソンがGリーグでNBA復帰を目指す

チャンドラー・ハッチソンがGリーグでNBA復帰を目指す

2018年のNBAドラフト22位選手のチャンドラー・ハッチソンは、現在どのNBAチームとも契約していない。

ハッチソンはフェニックス・サンズからウェイブされた後にどのNBAチームとも契約できずにいる状況を受け、Gリーグでプレイすることを決断した模様。

HoopsRumorsの記者によると、FAフォワードのハッチソンはGリーグと契約したという。

なお、ハッチソンはマイアミ・ヒート傘下のGリーグチームであるスーフォールズ・スカイフォースでプレイすると報じられている。

ハッチソンは今季、昨季NBAファイナリストのサンズで2ウェイ契約選手としてプレイしたものの、ロスターに残ることはできなかった。

元NBAドラフト1巡目選手のハッチソンは難しい時間を強いられているが、Gリーグで結果を残し、NBA復帰への足がかりとしたいところだろう。

なお、ハッチソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
所属チームフェニックス・サンズシカゴ・ブルズ
ワシントン・ウィザーズ
フェニックス・サンズ
出場試合数6103
平均出場時間3.717.4
平均得点0.75.4
平均リバウンド0.83.7
平均アシスト0.30.8
平均スティール0.00.6
平均ターンオーバー0.70.7
FG成功率50.0%44.2%
3P成功率30.9%
フリースロー成功率100%64.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す