【スポンサーリンク】

クレイ・トンプソン「僕は僕たちを絶対に疑わない」

クレイ・トンプソン「僕は僕たちを絶対に疑わない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンは、チームをNBAチャンピオンに導いた偉大な選手たちだ。

だが、NBA史上最も偉大なスコアラーのひとりであるケビン・デュラントを失い、かつトンプソンが怪我で2年に及ぶ長期離脱を強いられると、ウォリアーズはNBAタイトルから遠ざかってしまった。

デュラントに移籍はウォリアーズにとって大きな痛手だろうが、トンプソンによると、今のウォリアーズはデュラント抜きでもNBAタイトルを取り戻すことができるという。

トンプソンはサージ・イバカの料理番組にゲスト出演した際、今季のウォリアーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちにとって幸運なのは、過去のチャンピオンシップチームのコアがまだいるということだ。

僕、ステフ、ドレイモンド。

僕たちは一緒に多くの試合を制してきた。

それに素晴らしいピースも揃っている。

僕はアンドリュー・ウィギンスと一緒にプレイすることに興奮しているんだ。

彼はものすごい才能を持った選手さ。

それに若手たちも頼りになる。

僕はこのチームが本当に好きなんだ。

トンプソンによると、離脱している間にNBA2Kをプレイし、今のロスターでシミュレーションしていたという。

サージ、僕が僕たちを疑うことは絶対にない。

僕はこの数年、2Kでたくさん遊んだ。

そうやってバスケットボールから気持ちを離さずにいた。

たくさんシミュレートし、同じロスターで勝ったんだ。

それを現実に反映させるだけさ。

ウォリアーズはデュラントを失ったものの、今季NBAオールスターに初選出されたウィギンスをはじめ、急成長のジョーダン・プールやジョナサン・クミンガなど若手が台頭し始めている。

カリーの離脱後は厳しい戦いが続いているものの、ウォリアーズは今後長くNBAタイトルコンテンダーとしての強さを見せてくれるに違いない。

なお、トンプソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数30645
平均出場時間29.232.9
平均得点19.319.5
平均リバウンド3.9
(キャリアハイ)
3.5
平均アシスト2.72.3
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.9
平均ターンオーバー1.31.7
FG成功率41.8%
(キャリアワースト)
45.7%
3P成功率37.1%
(キャリアワースト)
41.6%
フリースロー成功率91.1%
(キャリアハイ)
85.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA