【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「第1シードを狙うと疲弊する」

ドレイモンド・グリーン「第1シードを狙うと疲弊する」

NBAタイトル奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは、現在ウェスタン・カンファレンス2位に位置している。

ウェスト首位でNBAプレイオフに進出する可能性はあるが、ウェスト首位のフェニックス・サンズとは6.5ゲーム差あるため、首位通過はおそらく難しいだろう。

だが、NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンによると、無理にウェスト首位を狙いにいこうとすると、NBAプレイオフが始まる頃に疲弊してしまうという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

目標はとにかくロードで1勝することだ。

(レギュラーシーズンを)4位で終えようと、5位で終えようと、6位もしくは7位で終えようと、目標はロードで1勝することだ。

もし第2シードで終えたら、とにかくロードで1勝しなければならない。

これまで何度も経験してきたから分かるのだが、第1シードを獲得するために戦おうとすると疲弊してしまう。

僕はロードでのシリーズ第7戦で勝ったこともあるし、ホームでの第7戦で負けたこともある。

だから、(シードは)本当に関係ないんだ。

もし第1シードなら、それは素晴らしいことさ。

だが、それを狙って疲弊することに価値はない。

この組織の誰もがそう考えているんだ。

ウォリアーズは現在ウェスト2位だが、同3位メンフィス・グリズリーズに0.5ゲーム差に迫られている。

だが、ウォリアーズにとって最も重要なのは順位ではなく、選手が健康な状態でNBAプレイオフを迎えることだろう。

特に長期離脱中のグリーンが健康を完全に取り戻し、主力選手たちが万全の状態でNBAプレイオフを迎えられるよう祈りたいところだ。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34673
平均出場時間29.928.5
平均得点7.98.7
平均リバウンド7.66.9
平均アシスト7.45.4
平均スティール1.41.4
平均ブロックショット1.21.0
平均ターンオーバー3.12.2
FG成功率53.7%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率28.6%31.5%
フリースロー成功率59.7%
(キャリアワースト)
71.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA