【スポンサーリンク】

ポール・ピアースが試合中にケビン・ガーネットをリクルートした過去を明かす

ポール・ピアースが試合中にケビン・ガーネットをリクルートした過去を明かす

ポール・ピアースとケビン・ガーネットは、ボストン・セルティックスをNBAチャンピオンに導いた偉大なレジェンドだ。

2006-07シーズンのセルティックスは24勝58敗にとどまり、NBAプレイオフに進出することすらできなかったものの、2007年夏にガーネットとレイ・アレンを獲得すると、チーム力は格段にアップ。

ビッグ3が揃ったセルティックスは1年前とはまったく異なるNBAチームとなり、コービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズを下してNBAタイトルを勝ち取った。

だが、ピアースはガーネットを獲得すればセルティックスがNBAタイトルを獲得できると確信していたのかもしれない。

ピアースによると、ガーネット率いるウルブズとの試合中に、セルティックスのオーナーに対してガーネットを獲得するように進言していたという。ピアースのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼(ガーネット)がミネソタにいた時で、シーズン終盤だった。

僕たちはプレイオフのように激しく争っていた。

シーズン最後の1試合のようにプレイしていたんだ。

彼のチームはプレイオフに進出できず、ボストンもプレイオフに進出できなかった。

だから僕たちは互いに悪口を言い合っていた。

2005年か2006年だったと思う。

僕たちのオーナーがベンチに座っていたのだが、KGがフリースローラインに立った時、僕は彼のほうを見て、「もし彼(ガーネット)を獲得すれば、僕たちはチャンピオンになれるぞ」と言ったんだ。

試合中の出来事さ。

彼を獲得する3年前のことだ。

僕は大きな声で叫んだから、他の皆も聞いていたはずさ。

ガーネットはセルティクスに移籍した1年目にディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ピアースはNBAファイナルMVPを獲得し、セルティックスをNBAチャンピオンに導いた。

もしピアースがガーネット獲得をオーナーに進言していなければ、ピアースとガーネットのNBAキャリアは違うものになっていたかもしれない。

なお、セルティックスがNBAチャンピオンに輝いた2007-08シーズンのピアース、ガーネット、アレンのスタッツは以下の通りとなっている。

P・ピアースK・ガーネットR・アレン
出場試合数807173
平均出場時間35.932.835.9
平均得点19.618.817.4
平均リバウンド5.19.23.7
平均アシスト4.53.43.1
平均スティール1.31.40.9
平均ブロック0.51.30.2
平均TO2.81.91.7
FG成功率46.4%53.9%44.5%
3P成功率39.2%0%39.8%
FT成功率84.3%80.1%90.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA