【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「サンズはハードにプレイしていた」

シャキール・オニール「サンズはハードにプレイしていた」

レギュラーシーズンをNBAトップの成績で通過したフェニックス・サンズは、今季のNBAチャンピオン最有力候補の1チームだった。

だが、ダラス・マーベリックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第7戦でNBA史上ワーストの大敗を喫し、今季のNBAタイトルはお預けとなった。

第7戦はサンズのホームゲームだったものの、不甲斐ないパフォーマンスを続けるサンズの選手たちに対し、サンズファンはブーイング。

試合後はクリス・ポールのジャージーを燃やすファンが現れるなど大荒れとなってしまったが、NBAレジェンドのシャキール・オニールによると、サンズの強さはすでに証明されており、第7戦はただオフェンスがうまくいかなかっただけだったという。オニールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

フェニックスはプロフェッショナルなチームであり、良いプレイをした。

フェニックス・サンズについては、あのような夜のひとつだったと思っている。

彼らを非難するつもりはない。

彼らはプレイすることを望んでいたし、本当にハードにプレイした。

だが、僕たち偉大な選手たちにもこういうことは起こり得るんだ。

サンズにとって、ただショットが入らない夜だったということさ。

サンズは圧倒的な成績でNBAプレイオフに臨んだものの、今回の結果を受け、サンズの選手たちに驕りがあったのではという指摘もある。

もし驕りがあったとしたら、今季は来季に向けて良い経験になったことだろう。

サンズの選手たちには来季のリベンジに期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA