【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「ヤニス・アンテトクンポは欠点を改善していない」

ギルバート・アリーナス「ヤニス・アンテトクンポは欠点を改善していない」

元NBA選手のギルバート・アリーナスは先日、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポについて、「彼はNBA最高の選手ではない」、「彼はまだバスケットボールを理解していない」などと指摘した。

アンテトクンポは2度のMVP、MIP、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、オールスターMVP、ファイナルMVPと賞を総なめにしているNBAを代表するスーパースターであり、バックスをNBAチャンピオンに導いた偉大な選手のひとりだ。

それゆえに多くのNBAファンがアリーナスの指摘に反論しているというが、アリーナスが自身の発言について説明した模様。

アリーナスはアンテトクンポへの指摘について、次のように説明したという。clutchpoints.comが伝えている。

彼は何か新しいスキルを加えたか?

3P%は改善したのか?

ミッドレンジは改善したのか?

フリースロー成功率は改善したのか?

リムに背を向けたプレイはうまくなったのか?

ノーだ。

彼は強くなった。

フィニッシュに持っていく能力も上がり、それが全体のシューティングパーセンテージの改善につながっている。

だが、彼がリーグに来た時と同じ弱点が今もある。

だから、僕は「彼がゲーム全体を改善する方法を理解するためにはもっとゲームを学ばなければならない」と言ったんだ。

そう話すアリーナスだが、アンテトクンポのシュートはNBAキャリア序盤と比較すると確実に改善されている。

この夏は3ポイントの練習に取り組み、連続して決める様子が話題になったアンテトクンポ。

まだ27歳と若いアンテトクンポはこれからも着実に成長し、アリーナスに何も言わせないほどのスーパースターになることだろう。

なお、アンテトクンポの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数67656
平均出場時間32.932.6
平均得点29.9
(キャリアハイ)
21.8
平均リバウンド11.69.4
平均アシスト5.84.6
平均スティール1.11.2
平均ブロックショット1.41.3
平均ターンオーバー3.32.9
FG成功率55.3%53.5%
3P成功率29.3%28.8%
フリースロー成功率72.2%71.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA