【スポンサーリンク】

JR・スミス「僕はNBAから追放された」

JR・スミス「僕はNBAから追放された」

JR・スミスはNBA屈指のシューターとして活躍した選手のひとりだ。

クリーブランド・キャバリアーズ時代にはスーパースターのレブロン・ジェイムスとともに主力として活躍し、NBAチャンピオンを勝ち取るなど素晴らしいNBAキャリアを送った。

だが、ロサンゼルス・レイカーズで過ごした2019-20シーズンを最後に、NBAでプレイしていない。

スミスによると、NBAから追放されたと感じているという。スミスのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

(NBAから追放されたと)100%感じている。

NBAには30チームあるよね。

各チームのトップ3選手を除き、4番目から15番目を挙げてみてくれ。

4番目から15番目だ。

その中で僕より優れた選手をひとり挙げてみてくれ。

僕は彼らとワークアウトしたことがある。

彼らのチームのGMは僕のところに来て、こう言うんだ。

「君はなぜ(NBAで)プレイしていないんだい?」とね。

スミスによると、ジョー・ジョンソンやジャマール・クロフォード、ニック・ヤング、アイザイア・トーマスもNBAから追放されたという。

彼らはスコアリングに定評あるNBA選手として活躍したものの、NBAで出番を失ったのは怪我や年齢によるところも大きい。

スミスには今もNBAでプレイできる自信があるのだろうが、彼がエネス・カンター・フリーダムのようにNBAを批判し続ける元選手にならないことを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    どうしてその締めになる?さすがに酷すぎる記事。

  2. By 匿名

    マジそれな

  3. By 匿名

    最後のコメントは余計

*

CAPTCHA