【スポンサーリンク】

再び黒星街道のレブロン・ジェイムス「毎年がチャレンジ」

再び黒星街道のレブロン・ジェイムス「毎年がチャレンジ」

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは2連勝して調子を上げたと思われたものの、その後2連敗を喫し、再び黒星街道に押し戻されてしまった。

現地6日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦は後半で崩れてしまっただけでなく、改めてオフェンスの問題が露呈したレイカーズ。

だが、ジェイムスは冷静な姿勢を維持し、レイカーズを立て直すべく努力しようとしているのかもしれない。

ジェイムスはキャブスに敗れた後、自身について次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

毎年がチャレンジだ。

僕には拠り所にできるものがあるが、僕もひとりの男だ。

自分にコントロールできることはコントロールできるし、コントロールできないことは気にしない。

毎晩戦うためにメンタル、フィジカル、スピリチュアルの準備をしなければならない。

仲間たちにエネルギーをもたらさなければならない。

ミスや良かったこと、悪かったことを彼らに話し、助けなければならない。

だが、毎年がチャレンジだ。

僕は経験を拠り所にすることができる。

しかし、僕がどうやって育ったのか子どもたちに説明するのと同じことだ。

彼らは「パパ、僕の前から消えてくれ!」という顔をするだろう。

シッターやシェフ、コミュニティ、プライベートスクールがあるが、ここではそうすることができないし、それらとは違うんだ。

キャブス戦を終えた後、ジェイムスはチームメイトたちを叱咤激励したのかもしれない。

長いNBAキャリアを通してたくさんの困難を経験したジェイムスは、今こそリーダーシップを発揮し、チームメイトたちを鼓舞しなければならないだろう。

ジェイムスのメッセージがレイカーズの選手たちに届き、次の試合で奮起するのを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA