【スポンサーリンク】

レイカーズがトニー・スネルをワークアウトに招聘

レイカーズがトニー・スネルをワークアウトに招聘

今季2勝10敗と壊滅的な状況に陥っているロサンゼルス・レイカーズは、アウトサイドシュートに大きな問題を抱えている。

レイカーズを指揮するダービン・ハムHCはその問題解決に向け、新たなオプションを加えることを検討しているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、レイカーズはFAウィングのトニー・スネルをワークアウトに招聘したという。

また、昨季をサンアントニオ・スパーズで過ごしたジョー・ウィースキャンプも、スネルとともにレイカーズのワークアウトに参加したと報じられている。

スネルは2016年から2019年までミルウォーキー・バックスでプレイし、ダービン・ハムと同じ時間を過ごした。

ここ数年のスネルは出場機会を失っているものの、アウトサイドシュートに定評あるスネルはレイカーズのオフェンスオプションを広げる可能性がある。

ただし、レイカーズのロスターは2ウェイ契約の2枠を含めてすべて埋まっているため、もしスネルを獲得するなら選手を少なくともひとりカットしなければならない。

なお、スネルの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数53601
平均出場時間15.521.8
平均得点3.56.1
平均リバウンド1.92.3
平均アシスト0.51.1
平均スティール0.30.4
平均ターンオーバー0.40.5
FG成功率40.4%43.1%
3P成功率35.2%39.4%
フリースロー成功率100%84.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA