トニー・パーカー 2012-13TOP10プレイ

【スポンサーリンク】

トニー・パーカーほどNBAで揉まれて成長してきたポイントガードはいないのではないだろうか。

2001ドラフト28位でサンアントニオ・スパーズの一員としてNBAデビューを果たしたパーカーだが、アウトサイドシュートに難があった。
2001-02シーズンにはオール・ルーキー・ファーストチームに選出されるものの、グレッグ・ポポビッチHCからは厳しい指導を受ける日々が続く。

2年目に入ると、レジェンドのデビッド・ロビンソン、そして現在も活躍しているティム・ダンカンらとともにチャンピオンリングを獲得。
しかし、パーカーに対する評価は厳しいものだった。

今でこそNBAを代表するPGに成長したが、当時のスパーズはジェイソン・キッド獲得に向けて動く。
キッドを獲得することができなかったスパーズは、パーカーをスターターとして起用。

だが、2009-10シーズンには再びトレード案が浮上する。
何とかスパーズに留まったパーカーは、それからチームを牽引する存在へと進化した。

ポポビッチHCも、パーカーの働きには賞賛の声を挙げている。

最大の武器であるフローター、そして苦手としていたアウトサイドシュートも克服し、スパーズの稼ぎ頭に成長したことは間違いない。

T・パーカー 2012-13TOP10プレイ

31歳になったベテランPGには、もはや弱点が見当たらないといえるだろう。
今季終盤は怪我による戦線離脱という不運に見舞われ、復帰後はなかなか調子が上がらなかったものの、プレイオフに入るとさすがの活躍を見せた。

自身4個目のチャンピオンリングを手にすることができなかったが、2013-14シーズンは再びプレイオフで活躍を見せてもらいたい。

T・パーカー ハイライトムービー

トニー・パーカー 2012-13スタッツ
  • 平均15.1得点
  • 平均7.6アシスト(同6位)
  • FG成功率52.2%(同17位)

 

★ブログランキング参戦中!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへblogramのブログランキング

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA