【スポンサーリンク】

“The Quick” ニック・バン・エクセル

ニック・バン・エクセルというプレイヤーをご存じだろうか。

1993-94シーズン、ロサンゼルス・レイカーズでNBAデビューを果たしたバン・エクセルは、左手から繰り広げられるトリッキーなパスやクラッチプレイ、3Pシュートを武器とした選手だ。

ストリートバスケの要素を取り入れた彼のプレイは、多くのファンを魅了した。

身体能力も高く、ポイントガード(身長185cm)というポジションながらも得点を量産したバン・エクセル。

入団当時のレイカーズが再建途中にあり、ルーキーシーズンはプレイオフ進出ならず。

だが、翌シーズンには見事な活躍を見せ、レイカーズをカンファレンス・セミファイナル(対ユタ・ジャズ、1-4で敗戦)へ導く。

そして、1996-97シーズンにはシャキール・オニール、デレック・フィッシャー、コービー・ブライアントが加わり、カンファレンス・ファイナルまで進出した。(対ジャズ、0-4で敗戦)

バン・エクセルが去ったレイカーズは、オニールとブライアントを中心とした圧倒的なオフェンス力で1999-2000シーズンからスリーピートを達成し、黄金時代へ突入する。

バン・エクセルといえば、フリースローでも有名だ。

なぜかフリースローラインから30cm程度離れて放っていた。

それでもキャリアFT成功率は79.4%(キャリアハイは2001-02シーズンの84.4%)を記録している。

レイカーズを去ったあと、デンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サンアントニオ・スパーズを渡り歩いた彼は、2005-06シーズンを最後に引退した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA