【スポンサーリンク】

変化の時を迎えたアンソニー・ベネット

アンソニー・ベネット

カナダ人として初めてドラフト1位でNBA入りしたアンソニー・ベネットだが、期待通りのパフォーマンスをまったく披露できていない。

ここまでのレギュラーシーズンで2.2得点、1.9リバウンド、0.2アシストFG成功率26.6%、3P成功率17.4%、FT成功率17.4%と散々なアベレージだ。

だが、本人もこれを自覚しており、ここ数週間で大きな変化があった模様。

トレーニングキャンプ以降、5~7kgのダイエットに成功し、UNLV(ネバダ大学ラスベガス校)時代のプレイをビデオで見直しているという。

そして、NBA入り後になぜパフォーマンスレベルが低下したのか、その原因を探っている。

「大学時代のようなプレイヤーに戻らないといけない。あのとき、俺は笑顔でプレイしてたんだ。それに走ってたしね。UNLV時代には今の俺にはないものがあるんだよ。このときのようなプレイを取り戻さないとね」

ドラフト1位指名でNBA入りしても、成功する保証はどこにもない。

これまでにも多くのドラフト1位指名プレイヤーが名声を挙げることなく消えている。

ベネットがそうならないことを願おう。

A・ベネット UNLV時代ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA