【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「ウォリアーズはブルズの72勝10敗を破れない」

スティーブ・カー

現在21勝2敗でウェスタン・カンファレンスの首位に立っているウォリアーズは、もしこのままのペースでレギュラーシーズンを終えることができれば、75勝7敗という驚異的な成績を残すことになる。

つまり、マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが1995-96シーズンに記録した72勝10敗を上回るペースで来ているのだ。

好調ウォリアーズを指揮しているスティーブ・カーHCは当時、そのブルズでプレイしていたが、カーHCによると今季のウォリアーズがブルズの記録を抜くことはないという。espn.go.comがカーHCのコメントを伝えている。

 

「(今季のウォリアーズがブルズの記録を抜くことは)ないない!当時のチームにはマイケル・ジョーダンという男がいたからね。あの年は41勝3敗で進んでいたと思う。もし我々が今後22試合を21勝1敗で終えることができたら、また聞きに来てくれ」

また、当時のブルズを指揮していたフィル・ジャクソンも「ロードトリップが厳しいウェスタン・カンファレンスのチームでは、ブルズの記録を破ることはできない」と発言している。

とは言え、現在のウォリアーズのパフォーマンスを見ていれば、ブルズの記録を上回らずとも、70勝は期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    新人HCであるにもかかわらずにレベルの高いWESTで首位を走ってる(・ω・)ノすごいですね(・ω・)ノカーはフィルのニックスHC就任要請を断って正解ってことですね(・ω・)ノたいする新人HCとしてニックスに加入したフィッシャーは苦戦中(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      まあウォリアーズはマーク・ジャクソンが作り上げたところも大きいですからね。
      上り調子だったウォリアーズを引き継いだカーHCに対し、フィッシャーは下降傾向のチームを託されたということで、当然かなと思ってます。
      カーはアリゾナ大出身で、ニューヨークよりゴールデンステイトのほうが近かったのもHC就任の理由のひとつじゃなかったですっけ??

*

CAPTCHA