グレッグ・ポポビッチHC「ティム・ダンカン引退後もコーチを続けるだろう」

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズを5度のタイトル獲得に導いた名将グレッグ・ポポビッチHCは、ティム・ダンカンの引退と同時期にヘッドコーチの座を退くと噂されていた。

以前には「コーチの仕事は重労働」、「家族との時間を大切にしたい」などと発言し、引退が近いことを匂わせていたポポビッチHCだが、このオフにラマーカス・オルドリッジを獲得したことで状況が一変したようだ。

ポポビッチHCによると、オルドリッジと契約する際にダンカンが引退した後もヘッドコーチを続けると約束したという。ポポビッチHCのコメントをESPNが伝えている。

「ラマーカスとの契約で、私は約束しなければならなかった。選手たちとも約束したし、ラマーカスとも約束した。だから、私は約束を果たさなければならないんだ」

すでに66歳と高齢のポポビッチHCは昨季、一時体調を崩すこともあった。

だが、鋭い観察眼は未だ衰え知らずで、スパーズを常勝チームとして君臨させ続けている。

そのポポビッチHCが現役を続行するのであれば、オルドリッジはもちろんプレイヤーやファンも大歓迎だろう。

なお、ポポビッチHCは5年契約下にあり、来季が契約2年目となる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA