レイカーズ ラバー・ボールのワークアウト同伴を拒否

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのワークアウトに、ついにロンゾ・ボールが参加した。

ロンゾ・ボールにとって自身のキャリアを決める重要なワークアウトとなったわけだが、過激発言で名をはせている父ラバー・ボールは、レイカーズのワークアウトに同伴できなかったようだ。

ラバー・ボールのワークアウト同伴について、ルーク・ウォルトンHCは次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「ワークアウトのドアは閉まってる。ただ、ディナーは別。彼は間違いなくディナーを楽しくしてくれるだろうね。ディナーへの参加はウェルカムさ」

「親はいつだって彼らの意見を持ってる。時としてストレートに言うもの。ご存知の通り、私にはすごくストレートな父がいる。それが私をうんざりさせることはない。彼(ロンゾ・ボール)をドラフトするなら、我々は彼をコーチングする。彼は我々のチームの一部になるだろう。我々のファミリーの一員になるだろう。そして我々は進んでいく。これはNBAだ。子供の指名に外部が影響することはない」

レイカーズはドラフト2位指名権でロンゾ・ボールを指名すると噂されている。

父ラバー・ボールはレイカーズのディナーに参加すると思われるが、どのような会話がなされるのだろうか。

いずれにせよ、息子にはスーパースターへの成長を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA