グレッグ・ポポビッチHC 2020年にヘッドコーチ引退?

【PR】

グレッグ・ポポビッチHCがヘッドコーチとして働くのは、2020年の東京オリンピックが最後になるかもしれない。

ESPNによると、ポポビッチHCは東京オリンピックでアメリカ代表チームを指揮した後、ヘッドコーチ業から引退する可能性があるという。

来季は引き続きスパーズのヘッドコーチとして働くが、来季一杯でスパーズのヘッドコーチを辞任し、2019-20シーズンは東京オリンピックの準備を進めるとも噂されている。

コーチ・オブ・ザ・イヤー3度の受賞を誇り、スパーズを強豪チームとして君臨させ続けているポポビッチHC。

引退することになれば、以降は穏やかな生活を送ってもらいたいが、スパーズにとっては大きな転換点となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】