【スポンサーリンク】

ロケッツ ジミー・バトラー獲得を計画?

タイトル獲得を逃したヒューストン・ロケッツは、この夏にロスターを再編成すると見られている。

ハーデンと共にロケッツを牽引できるプレイヤーを少なくともひとりは加えると思われるが、2018-19シーズン中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍したオールスタープレイヤーの獲得を狙っているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ロケッツはジミー・バトラーの獲得を狙っており、積極的に動く見込みだという。

そう報じられた同日、バトラーがインスタグラムのストーリーでヒューストンに向かっていることを明かしたのも、バトラーのロケッツ移籍の噂を加速させているようだ。

バトラーの来季の契約はプレイヤーオプションとなっているが、バトラーはオプションを破棄し、FAになる予定。

ロケッツの他にもロサンゼルス・レイカーズなど複数のチームがバトラーにオファーを出すと見られている。

なお、2018-19シーズンのバトラーはミネソタ・ティンバーウルブズとシクサーズでレギュラーシーズン合計65試合に出場し、平均33.6分のプレイで18.7得点、5.3リバウンド、4.0アシスト、1.9スティール、FG成功率46.2%、3P成功率34.7%を記録。

キャリア8年を通してシカゴ・ブルズ、ウルブズ、シクサーズでレギュラーシーズン通算523試合に出場し、平均32.9分のプレイで16.7得点、4.9リバウンド、3.5アシスト、1.6スティール、FG成功率45.4%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA