ケンドリック・パーキンス ザイオン・ウィリアムソンに食べ物について警鐘

【スポンサーリンク】

ドラフト1位指名でニューオーリンズ・ペリカンズに入団したザイオン・ウィリアムソンは、サマーリーグ初戦で膝を痛め、その後のサマーリーグを全休した。

ウィリアムソンについては体重がオーバーしており、ベストパフォーマンスを発揮できる体重管理を指摘されているが、ニューオーリンズで生活するのであれば、食べ物の魅力に屈しない強い精神力が必要になるかもしれない。

ペリカンズに1シーズン在籍したことがあるケンドリック・パーキンスによると、ニューオーリンズでは食べ物の誘惑がつきまとうという。パーキンスのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

「ペリカンズはザイオンを家に閉じ込めたほうがいい。なぜなら、ニューオーリンズの良い人たちは『フライド・ゲーターはいるかい?』と言ってくるからね」



ウィリアムソンの膝の怪我は接触が原因であるため、体重との因果関係はないと言えるだろう。

ただ、ショーン・ケンプのように圧倒的なパフォーマンスを見せながらも、体重増加でキャリアが後退したプレイヤーも過去にはいる

NBAで確固たる地位を築き、歴史に残るスーパースターになるためにも、ウィリアムソンにはベストコンディションを常に維持してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA