【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディHC マジックの殿堂入りについて「私が選ばれる可能性はない」

スタン・バン・ガンディ

オーランド・マジックは先日、“シャック”ことシャキール・オニールのマジック殿堂入りを発表し殿堂入り式典を執り行った。

シャックがロサンゼルス・レイカーズへ移籍した後、マジックは低迷してしまうが、それを蘇らせたのは現デトロイト・ピストンズのスタン・バン・ガンディHCだ。

2008-09シーズンにはマジックをプレイオフ・ファイナルへ、2009-10シーズンにはカンファレンス・ファイナルへ導いたバン・ガンディHC。

だが、いわゆる“ドワイトメア(ドワイト・ハワードによる悪夢)”でマジックは崩壊へと向かっていってしまった。

バン・ガンディHCも喧嘩別れのような形でマジックを離れることとなったわけだが、マジックで実績を残したのは確かだ。

にも関わらず、バン・ガンディHCは自身がマジックの殿堂に選ばれることはないと確信しているという。バン・ガンディHCのコメントをthe Orlando Sentinelが伝えている。

 

「私が選ばれる可能性はない。絶対的にない。それが起こることはないんだ」

冗談混じりに話したバン・ガンディHCだが、マジックでは259勝135敗、勝率65.7%をいう素晴らしい実績を残しただけに、実績を見れば殿堂入りしてもおかしくないだろう。

マジックとバン・ガンディHCが本当に和解するのは、バン・ガンディHCがマジックの殿堂に選ばれた時なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA