【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ジョーダン マブスとの契約合意破棄後は「闇落ちした」

ディアンドレ・ジョーダン マブスとの契約合意破棄後は「闇落ちした」

ベテランセンターのディアンドレ・ジョーダンは2015年夏、ダラス・マーベリックスとの契約に合意した。

だがその後、ロサンゼルス・クリッパーズのチームメイトたちに説得され、合意を破棄。

そしてクリッパーズを再契約を交わした。

当時、ジョーダンの契約合意破棄は大きなトピックとなったが、ジョーダンには激励とともに、脅迫めいたメッセージも届いていたようだ。

届いたメッセージすべてに目を通したというジョーダンは当時を振り返り、次のようにコメント。Bleacher Reportが伝えている。

「(クリッパーズとの再契約後に)『君がクリッパーズに戻って来てくれて嬉しいよ!』というメッセージがあれば、次は『ファッ○ユー。死んでくれ!』というメッセージだ。俺はこう考え始めた。『俺は悪い人間なのか?もしかしたら悪い男かもしれない』とね」

「鬱になったと言うつもりはないよ。だけど、あの夏の残りの時間、俺は闇落ちしてたんだ」

当時のジョーダンはチームメイトたちのサポートに感銘を受け、クリッパーズと再契約。

だが、2018年夏にマブスに移籍したものの、そのシーズン中のトレードでニューヨーク・ニックスへ移籍した。

もし同じような状況に置かれた時、ジョーダンはどのような決断を下すのであろうか。

どのような決断であったとしても、闇落ちしないことを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA