【スポンサーリンク】

ジョー・ハリス 今季の「ネッツの文化は変わった」

ブルックリン・ネッツは昨年夏、スーパースターのカイリー・アービングとケビン・デュラント獲得に成功した。

昨季はポイントガードのディアンジェロ・ラッセルがオールスタープレイヤーに成長したものの、アービングやデュラントのようなスーパースターはいなかった。

そのため、昨季と比較すると今季の雰囲気は一変したのかもしれない。

ジョー・ハリスはネッツについて次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

「2人(アービングとデュラント)を獲得した時、チームの文化は変わった」

「若く、これからというチームを率いるのと、スーパースターたちをコーチングするのとでは、大きな違いがある。ダイナミックさに大きな違いがあるんだ」

デュラントがシーズン全休の予定だったため、今季のネッツは来季へ向けた準備期間にすると見られていたが、ネッツは先日、ヘッドコーチのケニー・アトキンソンHCを解雇。

ハリスの言葉から察するに、アトキンソンはスーパースターたちのコーチングに苦労していたのであろう。

なお、アトキンソンHCの解雇にはアービングやスペンサー・ディンウィディなど一部のプレイヤーの声が反映されたとも噂されたが、ゼネラルマネージャーのショーン・マークスはこれを否定している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA