【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ジョーダン カイリー・アービングを擁護

ディアンドレ・ジョーダン カイリー・アービングを擁護

今季のブルックリン・ネッツは厳しい戦いを強いられている。

これに伴い、ネッツはプレイヤーたちと信頼関係を築けなかったとされるケニー・アトキンソンを解雇。

だが、安定したパフォーマンスを見せることができなかったカイリー・アービングを批判する声も少なくない。

そんな中、アービングと同じく昨年夏にネッツに加わったディアンドレ・ジョーダンが、アービングに対する批判に反応した模様。ジョーダンのコメントをthe New York Postが伝えている。

「その報道(アービング批判)は馬鹿げてると思う。俺はカイリーと仲が良い。だけど、ウィルソン(・チャンドラー)は今季から加わった。ギャレット・テンプルは今季から加わった。俺たち全員が新しく加わったプレイヤーだ。だから、新しく加わったプレイヤーについて言うなら、新加入の8人全員を挙げてくれ」

アトキンソンの解雇には、カイリー・アービングやケビン・デュラントの考えも反映されていると噂されている。

ボストン・セルティックス所属時からリーダーシップの資質を問われ、批判を浴び続けているアービング。

ネッツをタイトル獲得へ導かない限り、アービングに対する批判が止むことはないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA