【スポンサーリンク】

ダニー・グリーン レイカーズは「みんなが楽しんでいる」

ベテランガードのダニー・グリーンは、キャリアを通してサンアントニオ・スパーズとトロント・ラプターズでタイトル獲得を経験している。

そして今季からレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズでプレイし、ウェスタン・カンファレンス首位の成績に貢献。

タイトル獲得が期待できるシーズンを送っているが、グリーンによると、今のレイカーズにはスパーズおよびラプターズとは異なる環境があるという。

グリーンはレイカーズについて次のようにコメント。Silver Screen and Rollが伝えている。

「俺個人としてはベストシーズンを送っていない。だけど、みんなと一緒にいて、楽しんでいる。みんな大きな目標を理解しているし、すごく楽しんでいる。誰も個人の数字は気にしていない。もしくは個人のプレイは気にしていない。楽しむため、勝つために多くをもたらせる異なるタイプのプレイヤーがたくさんいるんだ。出場時間が10~15分、20~25分、5分だろうとね。みんな気にしていない。なぜなら楽しんでいるからさ」

グリーンによると、レイカーズのプレイヤーは限られた時間の中で自分たちの仕事をまっとうしており、またレイカーズには特別な何かを感じているという。

シーズン再開は未だ不透明だが、コービー・ブライアントを失ったレイカーズにとって今季は特別なシーズンだ。

同じロスターで来季を戦える保証はないため、何としても今季は結果を残したいところだろう。

なお、今季のグリーンは61試合に出場し、平均25.1分のプレイで8.2得点、3.4リバウンド、1.4アシスト、1.2スティール(キャリアハイタイ)、FG成功率41.9%、3P成功率37.8%を記録。

キャリアを通してクリーブランド・キャバリアーズ、スパーズ、ラプターズでレギュラーシーズン通算681試合に出場し、平均25.4分のプレイで8.9得点、3.5リバウンド、1.6アシスト、1.0スティール、FG成功率42.4%、3P成功率40.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA