【スポンサーリンク】

イマン・シャンパート タイロン・ルーHCとのタオル事件を振り返る

イマン・シャンパート タイロン・ルーHCとのタオル事件を振り返る

今から約4年前、当時クリーブランド・キャバリアーズに所属していたイマン・シャンパートとタイロン・ルーHCの間に、ある事件が起きた。

その事件とは、シャンパートがタイムアウト中、汗を拭いたタオルをルーHCの肩にかけたというものだ。

シャンパートの行為は敬意欠いたものとして捉えられ、話題になったが、シャンパートによると、あれほど話題になるとは思っていなかったという。

ジャンパーとは当時を振り返り、次のようにコメント。cavsnation.comが伝えている。

「あの日、俺とTルーは少し口論した。基本的に、俺はゲームプランを放棄し、(ヒューストン・ロケッツに対して)調整してもらいたかったんだ」

「タイムアウトの間ずっと言い争っていた。彼と俺だけじゃなく、チームとしてオフェンスの計画について議論していた。最後には何か変わると俺は思っていた。だけど何も変わらなかったんだ。タオルを持っていた俺は『俺が言ったことは忘れてくれ』という感じでTルーに掛けたのさ」


「誰にも見られていないと思っていた。その次の日、Tルーと話をした。俺が『Tルー、こんなに広がるとは思わなかったよ』と言ったら、彼は笑いながらこう言ったんだ。『そうだね。君の右手を孤独にさせないようにするよ』とね」

ルーHCは当時、「気が付きさえしなかったよ。他の誰かに教えてもらった。特に気にするようなことじゃない。彼と私はクールなのさ。それっていつ起きたの?」と語っていた。

残念ながらロケッツに敗れてしまったものの、シャンパートにとっては忘れられない出来事のひとつになったことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA