【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC「バディ・ヒールドを全面的に支持」

サクラメント・キングスのバディ・ヒールドは今季、勝負がかかった第4Q終盤にベンチに下げられることがあり、それに対する不満を爆発させた。

ルーク・ウォルトンHCの起用法に懐疑的な姿勢を示したものの、その後ウォルトンHCと話し合ったことを明かし、問題は解決したと主張。

その後、ウォルトンHCもヒールドとの関係に問題はないとしたが、関係が良好であることを改めて主張したようだ。

ウォルトンHCはヒールドについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

「バティと私の関係は非常に良好だ。彼とコミュニケーションをとる時、私はバディに対して常に正直だし、彼も私に常に正直。バディは率直な人間だが、繰り返し言おう。私は支持する。彼の主張に毎回賛同するわけではない。ただ、彼が彼の意思を声に出すという事実、そして彼という人間を私は支持する。そうするからこそ彼は素晴らしく、個性的なプレイヤーなんだ」

「彼が成功しているのは、彼が彼自身を信じているからさ。私は全面的に支持するし、サポートする。オン・ザ・コートでもオフ・ザ・コートでも彼との関係を続けていくつもりだ。我々はうまくやっているよ」

今年に入ってスターティングラインアップから外されたり、トレードを要求したとの噂が浮上するなど、何かと騒がしい時間を送っているヒールド。

昨年夏にキングスと交わした4年8600万ドルという延長契約が間違いではないことを証明し、早く次の段階へステップアップしたいところだ。

なお、ウォルトンHCはヒールドをスターティングラインアップから外した時、「ラインアップの変更は罰によるものじゃないし、ずっと続くものでもない。変化が必要だった。ボグダノビッチと(ネマニャ・)ビエリツァを一緒に起用し、どうなるか見てみたかったんだ」と説明。

ヒールドは現在に至るまでベンチ出場が続いている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA