【スポンサーリンク】

ショーン・マークスGM「グレッグ・ポポビッチにスパーズのコーチを続けてもらおう」

ブルックリン・ネッツは先日、新ヘッドコーチ候補のひとりとしてサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCをリストアップし、巨額オファーを出すことを検討していると報じられた。

ネッツのゼネラルマネージャーであるショーン・マークスGMは現役時代にポポビッチHC率いるスパーズでプレイし、また引退後はスパーズのフロントオフィスで働いた経験を持つ。

そのためポポビッチHCと親交があり、今回の噂につながったわけだが、マークスGMがこの噂を否定した模様。マークスGMのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

ポップには仕事がある。

彼が素晴らしい、素晴らしいコーチであることは、我々全員が知っている。

率直に言って、彼は優れたリーダーだ。

ポップにはスパーズでコーチを続けてもらおう。

彼はあのチームで間違いなくハッピーだと思うよ。

マークスGMの発言により、ポポビッチHCのネッツ移籍の噂は完全に断ち切られるだろう。

ポポビッチHCは71歳と高齢であり、一部では東京オリンピックでチームUSAを指揮した後に引退するとも噂されている。

スパーズでコーチングキャリアを終えるのはほぼ間違いないだろうが、これからもコートサイドで元気に檄を飛ばし続けてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA