【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルがラメロ・ボール指名の可能性について「気にしない」

再建中のミネソタ・ティンバーウルブズは、今年のNBAドラフト1位指名権を獲得した。

指名権をトレードに使うのか、それともウルブズの未来を担う有望株を獲得するかは未定だが、もし有望株を獲得するならアンソニー・エドワーズを指名する可能性が高い。

だが、ラメロ・ボールを指名し、ディアンジェロ・ラッセルとバックコートを組ませる可能性もゼロではないだろう。

では、ラッセルはボールとチームメイトになることをどう感じているのだろうか?

ラッセルはウルブズがボールを指名する可能性について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

正直に言うが、僕は気にしていないよ。

もしそうなれば、それが彼ら(ウルブズ)が見ている未来だ。

僕はすごくたくさんの状況を経験してきた。

同じようにアタックし続けるだけさ。

ラッセルはロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAデビューしたものの、レイカーズがロンゾ・ボールを指名したことに伴い、トレードで放出された。

もしウルブズがラッセルをトレードで放出し、ラメロ・ボールを獲得すれば、ラッセルにとってボール一家は因縁の相手となるだろう。

とはいえ、昨季中のトレードでウルブズに加わり、親友カール・アンソニー・タウンズと共にチームを牽引する働きを期待されているラッセルがトレードで放出される可能性は限りなく低い。

もしラメロ・ボールとバックコートを組むことになれば、ファンを楽しませるバスケットボールを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA