【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「NBAファイナルでレイカーズに敗れたことを忘れることはない」

昨年夏にロサンゼルス・レイカーズに加わった元オールスターセンターのドワイト・ハワードは、キャリアを通して一度だけNBAファイナルという大舞台で戦ったことがある。

その時の対戦チームが、現所属のレイカーズだ。

ハワード擁した2008-09シーズンのマジックはファーストラウンドでフィラデルフィア・セブンティシクサーズを、カンファレンスセミファイナルでボストン・セルティックスを、カンファレンスファイナルでクリーブランド・キャバリアーズを下し、1994-95シーズン以来となるNBAファイナルに進出。

だが、NBAレジェンドのコービー・ブライアント率いるレイカーズに1勝4敗で敗れ、悲願のNBAタイトル獲得はならなかった。

ハワードにとってレイカーズにNBAファイナルで敗れたことは大きな傷となっており、以降は悔しい敗戦をモチベーションに変えているようだ。

ハワードは2008-09シーズンのNBAファイナルを振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

あのことを忘れたことは一度もない。

(NBAチャンピオンに)到達できるチャンスがあった。

僕はいつも自分自身に誓っている。

もしもう一度そのチャンスを手にすることができたら、僕が持っているすべてをチームメイトたちに捧げるとね。

ハワードにとって、今季はマジック時代以来となるNBAファイナル進出、そしてキャリア初のNBAタイトルを獲得するチャンスでもある。

レイカーズに入団したハワードはベンチプレイヤーとしての役割を受け入れ、チームの勝利のために全力を尽くしている。

ハワードには過去の失敗をモチベーションに変え、レイカーズにさらに還元してもらいたいところだ。

なお、ハワードの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンプレイオフ
出場試合数699
平均出場時間18.915.4
平均得点7.56.9
平均リバウンド7.35.0
平均アシスト0.70.4
平均スティール0.40.6
平均ブロックショット1.10.3
平均ターンオーバー1.20.9
FG成功率72.9%63.9%
3P成功率60.0%
フリースロー成功率51.4%57.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA