【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリーの「笑った」発言はドック・リバースへの当てつけ?

ロサンゼルス・レイカーズのジャレッド・ダドリーは先日、ライバルのロサンゼルス・クリッパーズがNBAカンファレンスセミファイナル第7戦の末に敗退したことについて「笑った」と発言した。

ダドリーはカンファレンスファイナルでクリッパーズと対戦し、ロサンゼルスの覇権をかけて争うと予想していたものの、クリッパーズがまさかの敗退。

ダドリーはNBA2013-14シーズンにクリッパーズのユニフォームを着てプレイしたことがあったが、リバースHCはダドリーの出場時間をカットしたという過去がある。

その結果、ダドリーのクリッパーズでの時間はわずか1年で終わることになったわけだが、ダドリーの「笑った」発言はリバースHCに対する恨みから来ていると推測しているファンも少なくない。

だが、ダドリーがその説を否定した模様。ダドリーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

もう過去のことだ。

あのチームはまったく違うチームになった。

新たなオーナー、新たな組織、新たなプレイヤーたち。

僕のコメントは僕が実際に見たことに基づいているんだ。

当時のクリッパーズを牽引したクリス・ポール、ブレイク・グリフィン、ディアンドレ・ジョーダンは他のNBAチームに移籍。

当時と今のクリッパーズはまったく違うチームとなり、リバースHCも今季終了後にクリッパーズを離れることになった。

いずれにせよフェアなチャンスを与えてくれなかったクリッパーズが敗れ、レイカーズの一員としてNBAチャンピオンになったダドリーは最高の気分だったに違いない。

なお、ダドリーの2019-20シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数45892
平均出場時間8.122.5
平均得点1.57.4
平均リバウンド1.23.2
平均アシスト0.61.6
平均スティール0.30.8
平均ターンオーバー0.20.9
FG成功率40.0%46.4%
3P成功率42.9%39.3%
フリースロー成功率100%73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA