【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが途中退場について「捻ったから」

レブロン・ジェイムスが途中退場について「捻ったから」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、現地16日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で25得点、6アシスト、3スティールを記録し、勝利に貢献した。

だが、第4Q中に右足首を痛めてベンチに下がると、その後は試合に復帰しなかった。

ジェイムスは右足首の捻挫で長期離脱を強いられていたため、今回の怪我の深刻度が気になるところだが、ジェイムスによると、特に問題はないという。

ジェイムスは途中退場した件について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

(右足首を)捻ったんだ。

レイアップの後に相手の足の上に着地してしまった。

だが、大丈夫だと思うよ。

指揮官のフランク・ボーゲルHCによると、右足首の状態についてジェイムスと話をしたところ、ジェイムスは「問題ない」としていたという。

もし右足首の怪我が再発してしまうようであれば、レイカーズは今後厳しい戦いを強いられるだろう。

NBA連覇を狙うレイカーズにとって最大の敵は健康問題なのかもしれない。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数451310
平均出場時間33.438.2
平均得点25.027.0
平均リバウンド7.77.4
平均アシスト7.87.4
平均スティール1.11.6
平均ターンオーバー3.73.5
FG成功率51.3%50.4%
3P成功率36.5%34.5%
フリースロー成功率69.8%73.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA