【スポンサーリンク】

シェーン・バティエがヒートのフルタイムの職を辞任

シェーン・バティエがヒートのフルタイムの職を辞任

元NBA選手のシェーン・バティエは、マイアミ・ヒートの一員として現役を引退した後、ESPNで解説者の仕事を経てヒートの組織で働き始めた。

バディエは2017年にヒートの選手育成部門と分析部門ディレクターに就任。

だが、バディエは同職から離れることになった模様。

Miami Heraldによると、バティエはフルタイムで働いていた同職を辞任する決断を下したという。

ただし、ヒートとの間に問題があったわけではなく、バディエはコンサルタントとしてヒートと関わり続けると報じられている。

ヒートの球団社長であるパット・ライリーが同職を退いた後、バティエは後継候補に挙がっていた。

だが、フルタイムの仕事を離れたことにより、その可能性は低くなったと言えるだろう。

なお、バティエは2018年にデトロイト・ピストンズのフロントオフィスの仕事の面説を受けたものの、ヒートに残留した。

バティエのNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

NBAキャリア
所属チームメンフィス・グリズリーズ
ヒューストン・ロケッツ
マイアミ・ヒート
出場試合数977
平均出場時間30.7
平均得点8.6
平均リバウンド4.2
平均アシスト1.8
平均スティール1.0
平均ターンオーバー0.9
FG成功率43.7%
3P成功率38.4%
フリースロー成功率74.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA