【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「ジョーダン・プールの身体能力は格段に向上している」

スティーブ・カーHC「ジョーダン・プールの身体能力は格段に向上している」

NBAキャリア3年目を迎えているゴールデンステイト・ウォリアーズのジョーダン・プールは、今季をNBAキャリアベストのシーズンとしている。

エースのステフィン・カリーが不在だった先日のデトロイト・ピストンズ戦では32得点、7リバウンドを記録し、ウォリアーズを勝利に導いたプール。

指揮官のスティーブ・カーHCによると、プールはオフシーズン中のトレーニングが実り、フィジカルが格段に向上しているという。カーHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

彼はフィジカルが強くなった。

コンタクトを吸収することができるようになった。

より自信を持ってプレイするようになった。

1年目の彼はリムまでのレーンがあればダンクできた。

だが、今の彼は当時より15cmくらい高く跳んでいるんじゃないかな。

身体能力は2年前より格段に向上しているんだ。

NBA屈指のシューターであるクレイ・トンプソンは、約1カ月後に復帰できると見られている。

トンプソン復帰後、プールはベンチから出場することになるだろうが、プールの成長はウォリアーズのNBAタイトル奪還を後押しするに違いない。

なお、プールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数16124
平均出場時間29.722.1
平均得点17.5
(キャリアハイ)
11.3
平均リバウンド2.9
(キャリアハイ)
2.1
平均アシスト3.1
(キャリアハイ)
2.3
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー2.51.3
FG成功率44.1%
(キャリアハイ)
39.3%
3P成功率29.9%31.3%
フリースロー成功率94.1%
(キャリアハイ)
85.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA