【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「不満を言ってはならない」

ドワイト・ハワード「不満を言ってはならない」

ロサンゼルス・レイカーズの元NBAオールスターセンター、ドワイト・ハワードは今季、ディアンドレ・ジョーダンのバックアップとしてプレイしていたが、その後先発に抜擢された。

しかし、指揮官のフランク・ボーゲルHCがレブロン・ジェイムスをセンターのポジションで起用するラインアップを採用すると、ハワードの出場機会は激減。

ハワードの役割は目まぐるしく変化することになってしまったわけだが、ハワードによると、最も重要なのはレイカーズが勝利することであり、役割の変化について不満を言うことはないという。ハワードのコメントをlakersnation.comが伝えている。

メンタルを強く保たなければならない。

なぜなら、物事は一夜にして変わり得るからね。

不満を言ってはならない。

不満があるなら皆と離れた場所で口にし、笑顔を絶やさない。

チャンスが与えられた時は、できる限りハードにプレイするだけだ。

どの選手もタフな状況に置かれることがある。

僕とDJ(ディアンドレ・ジョーダン)はローラーコースターのようなシーズンを送っている。

僕とDJはエネルギーとシナジーをもたらさなければならない。

コートでもベンチでもロッカールームでも、エネルギーのレベルを高く保たなければならない。

集中力を維持しなければならないんだ。

僕は優勝パレードを望んでいる。

だから、出場時間が10分だろうと3分だろうとどれだけ長くプレイしようと、その時間はできる限りハードにプレイし、どんな形でもインパクトをもたらすだけだ。

ボーゲルHCはジェイムスをセンターのポジションでプレイさせることに光を見出した。

ハワードもそれを認め、今後はミドルレンジシュートと3ポイントシュートの練習により積極的に取り組み、チームに貢献すべく努力するという。

ハワードはもうNBAオールスターレベルの選手ではないものの、ジェイムスのように役割と環境の変化にアジャストし、レイカーズのNBAタイトル奪還に貢献するに違いない。

なお、ハワードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数301212
平均出場時間14.932.1
平均得点5.0
(キャリアワースト)
15.9
平均リバウンド5.5
(キャリアワースト)
11.9
平均アシスト0.61.4
平均スティール0.80.9
平均ブロックショット0.6
(キャリアワースト)
1.8
平均ターンオーバー0.82.7
FG成功率60.0%58.6%
3P成功率75.0%
(6/8)
20.8%
(20/96)
フリースロー成功率62.1%56.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA