【スポンサーリンク】

シクサーズの大本命はジェイムス・ハーデン?

シクサーズの大本命はジェイムス・ハーデン?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表を務めるダリル・モレーは先日、望む見返りを得られない限りNBAオールスターのベン・シモンズをトレード放出することは急がないとの考えを改めて表明した。

シモンズにはサクラメント・キングスやシャーロット・ホーネッツなど多くのNBAチームが関心を示しているというが、どのNBAチームもシクサーズが望む見返りを提示することができていないため、トレードが実現するのは難しいだろう。

だが、シクサーズはそもそも今季中にシモンズをトレードで放出することは考えていないのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、シクサーズの大本命はブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンであり、ハーデンがFAになる可能性がある今年夏までシモンズをロスターにキープするという。

ハーデンの来季の契約は4730万ドルのプレイヤーオプションとなっている。

ハーデンがオプションを破棄してFAになった場合、おそらくネッツと大型契約を結ぶだろう。

そのため、シクサーズは来季の契約金が3500万ドルのシモンズと3700万ドルのトバイアス・ハリスをセットにし、サイン&トレードによるハーデン獲得を狙うと報じられている。

なお、モレーはロケッツを離れてシクサーズのフロントオフィスで働くことを決めた当時、ハーデンをシクサーズに呼び寄せようとしたと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA