【スポンサーリンク】

メッタ・サンディフォード・アーテスト「エネス・カンター・フリーダムは少し調子に乗っている」

メッタ・サンディフォード・アーテスト「エネス・カンター・フリーダムは少し調子に乗っている」

ベテランビッグマンのエネス・カンターは先日アメリカ市民権を取得し、「エネス・カンター・フリーダム」に改名した。

カンター・フリーダムは以前から社会正義を声高に訴え続けており、今回の改名はカンター・フリーダムのポリシーを反映させたものと言えるだろう。

ここ最近はロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスやNBAレジェンドのマイケル・ジョーダンを批判するなど、活動を強めているカンター・フリーダム。

だが、元NBA選手のメッタ・サンディフォード・アーテストは、カンター・フリーダムが問題の本質を理解していないと感じているのかもしれない。

アーテストはカンター・フリーダムについて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼は少し調子に乗ってしまったと思う。

特定の人がやっていることを責めるのはダメだ。

たとえば、君がこのリーグに入り、大金を稼ぐとしよう。

君がマイケル・ジョーダンだとしよう。

そうすると、君は金を台無しにしようとはしないだろう。

なぜなら、大金を稼ぐようなチャンスはそうないからね。

人々には違いがある。

彼は「僕たちはここアメリカにいる。だから僕は正しいことをやっている」と思っているんじゃないかな。

だが、僕たちは戦場からやって来た。

僕はニューヨーク出身だが、そこでは警察がドラッグを栽培していたものさ。

彼はその部分を理解していない。

彼は物事をレンズを通して見ていて、「僕たちは黒人のために戦う」と言っているように僕には思える。

だが、彼はそれに何が伴うのかを理解していないんだ。

もしカンター・フリーダムがジェイムスやジョーンダンと同じ立場にいたとしたら、果たしてどう行動するのだろうか?

ここ最近の批判がブーメランとなり、カンター・フリーダムが窮地に追いやられないことを祈りたいところだ。

なお、NBAレジェンドのシャキール・オニールは、カンター・フリーダムの言動について以下のように指摘している。

レブロンに対するビーフは理解できる。

だが、マイク(ジョーダン)が黒人コミュニティのためにやっていることについては口を出すな。

僕は彼の名前を知らない。

彼の名前を覚えていない。

彼が名前を変えようと知ったことではない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    世界平和と自由が争いかけてて笑うわ

  2. By 匿名

    ロンロンもシャックもよく言った!!
    カンターは似非正義漢気取ってないで酷いディフェンスを何とかしてくれ。

  3. By 匿名

    火の玉ストレートのド正論やな

    でも、どうせ逆ギレするんやろな

*

CAPTCHA