【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「多くのNBAチームはネッツとの対戦を回避したがっている」

CJ・マッコラム「多くのNBAチームはネッツとの対戦を回避したがっている」

NBAスターのケビン・デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツは、現在イースタン・カンファレンス9位にとどまっている。

もし今日レギュラーシーズンが終わるとすれば、ネッツがNBAプレイオフに進出するためにはプレイインゲームを勝ち抜かなければならない。

レギュラーシーズンも残り約1カ月となった中、イースト9位ネッツと同6位クリーブランド・キャバリアーズとのゲーム差は4.5あるため、ネッツがストレートでNBAプレイオフに進出する可能性は決して高くないが、ニューオーリンズ・ペリカンズのCJ・マッコラムによると、イーストの上位チームはネッツの状況を常にチェックしているという。

マッコラムはイーストについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

多くのチームが彼ら(ネッツ)を避けようとするだろう。

ネッツが第8シードで終えた場合、おそらく第7シードのトロント・ラプターズと対戦する。

プレイインゲームで彼らがラプターズを倒したら、彼らの第7シードが確定する。

僕はそうなると思っている。

つまり、第2シードのチームはケビン・デュラントとカイリー・アービングを倒さなければならないんだ。

もしシモンズが復帰すれば、ネッツのディフェンスとプレイメイクは確実にレベルアップするだろう。

だが、プレイインゲームでラプターズと対戦する場合、アービングが全試合に出場できない可能性がある。

つまり、イーストのチームがネッツとの対戦を避けたがっている一方で、ネッツはラプターズとの対戦を避けたいと考えているに違いない。

なお、現時点でのイーストの順位は以下の通りとなっている。

順位チーム残り試合ゲーム差
1マイアミ・ヒート170.0
2フィラデルフィア・セブンティシクサーズ193.0
3ミルウォーキー・バックス173.0
4シカゴ・ブルズ183.5
5ボストン・セルティックス164.5
6クリーブランド・キャバリアーズ185.5
7トロント・ラプターズ188.5
8シャーロット・ホーネッツ1711.0
9ブルックリン・ネッツ1711.0
10アトランタ・ホークス1911.0
11ワシントン・ウィザーズ1913.0
12ニューヨーク・ニックス1816.5
13インディアナ・ペイサーズ1621.5
14デトロイト・ピストンズ1825.5
15オーランド・マジック1727.0

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    だが、プレイインゲームでラプターズと対戦する場合、アービングが全試合に出場できない可能性がある。
    とあるが、プレイインは一発勝負。ネッツにとって最悪なのは9位でレギュラーシーズンを終える事。
    9-10ゲームにカイリーが出られず、しかも7-8ゲームで破れたラプターズと対戦する可能性がある

  2. By 匿名

    いくら東の強豪たちといえど、BKNは怖いとみえる…

*

CAPTCHA