【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「僕の名前を軽視してはならない」

ラッセル・ウェストブルック「僕の名前を軽視してはならない」

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックは、現地7日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦でファンと口論を繰り広げた。

シュートの精度を欠くウェストブルックは、試合中にファンから「ウェストブリック!」と揶揄されると、「僕の名前を軽視するな!」と強く反応。

ウェストブルックによると、ウェストブルックの妻に脅迫のメッセージが届くなど、ファンの行き過ぎた行為が家族にも及んでしまっているという。ウェストブルックのコメントをsportando.basketballが伝えている。

僕は100%妻の味方だし、彼女が感じていることを支持している。

バスケットボールのことなら、批判は気にしない。

だが、僕の名前を辱めるようなら、それは問題だ。

批判にうんざりさせられたことは一度もない。

だが先日、衝撃を受ける出来事があった。

僕と妻は息子の保護者会に参加したのだが、先生は僕にこう言った。

「彼は名前を誇りに思っていますよ。彼はいたるところに名前を書いています。彼は皆に『僕はウェストブルックだ』と言って歩いているのです」とね。

僕はショックを受け、座り込んでしまった。

そして「もうこれ以上僕の名前を汚すことは許せない」と思ったんだ。

僕は何度も何度も見過ごしてきた。

だが、今こそやめさせる時であり、警告すべき時だ。

皆に理解してもらわなければならない。

これからはそれを耳にするたびに対処し、芽を摘み取っていくつもりさ。

家族が試合観戦に来るのを避けるようになってしまった。

僕も子どもたちを試合に連れてきたくない。

なぜなら、彼らの父親がひどいニックネームで呼ばれているのを聞かせたくないからね。

僕の家族がホームゲームにさえ来たがらないのは、すごくひどいことだ。

ものすごく不幸なことだ。

ものすごく残念だ。

僕はこの問題に対処し続けるだろう。

だが、ただ残念だ。

この日のウェストブルックは17得点、10リバウンド、6アシストを記録したものの、レブロン・ジェイムス不在のレイカーズを勝利に導くことができなかった。

果たしてウェストブルックは残りのシーズンで汚名を返上し、家族が安心して観戦に来られる環境にすることができるだろうか?

なお、ウェストブルックのシーズン後半戦のスタッツは以下の通りとなっている。

シーズン後半戦
出場試合数6
平均出場時間32.4
平均得点16.7
平均リバウンド6.2
平均アシスト3.8
平均スティール0.7
平均ターンオーバー3.2
FG成功率40.0%
(40/100)
3P成功率6.3%
(1/16)
フリースロー成功率63.3%
(19/30)
+/--4.8

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    年棒が十分の一ならここまで批判されない。

    シモンズに次ぐコストパフォーマンスの悪さだから叩かれる。

    家族を狙うのは論外だけど。

  2. By 匿名

    プロは莫大なサラリーをもらっている責任がある。だから罵声や批判に晒されても耐えるのが本来のあり方。ただし、ファンも一線を越えてはいけない。差別、出自、害悪の告知、家族への批判なんかはいけない。

  3. By 匿名

    相手がプロだからって死ぬほど貶していい、
    さらにはその家族も危害加えていい、なんて
    思ってるやつはファンでも何でもない。
    ただのガキだ。

    がんばれラス。

  4. By 匿名

    まぁ言われたくなきゃシュート決めればいいだけなんだがw
    プロなら結果で黙らせてくださいよウェストブリックさんww

*

CAPTCHA